包茎と男性更年期障害

男性更年期障害という言葉自体あまり馴染みがないかもしれませんが、今では更年期障害は女性だけのものではなく、男性にも起こりうる事が常識となりつつあります。

ストレスや前立腺の老化、肥満、運動不足などの原因で男性ホルモンの分泌が低下することにより、様々な症状が出てくることが分かってきています。

また、昨今巷では鬱病の大安売りが行われ心療内科に一生懸命寄付をすることが流行って居ますが、男性更年期障害は鬱病といわれる症状にも酷似しますので、注意が必要です。
安易に鬱診断を下す医師に相談してしまうと薬漬けにされてしまい大変なことになります。

男性には閉経のようなはっきりした体の変化が現れない上に、個人差が大きいことなどが男性更年期障害の症状を分かりにくくしていますが、症状としては動悸やめまいの他、知覚鈍麻や肩こり筋肉痛、過度の発汗や口内乾燥、倦怠感から頻尿そして性欲低下とEDなどが男性更年期障害の症状として認められています。

男性更年期障害も女性の更年期障害と同様にホルモンバランスの崩れが最大の原因と考えられています。その中でも更年期症状の最も原因となるのは男性の場合、精巣ホルモンのテストステロンで、年齢を重ねるにつれホルモンの分泌が低下し、心や体に不調が現れてきます。

テストステロンは、睾丸と副腎から分泌され、思春期を過ぎた男性は睾丸からの分泌が増加し、男性的な身体が作られます。

そして、このテストステロンと密接な関係があるのが前立腺です。その前立腺は恒常的な性生活を行うことで活発に働き若さを保つとも考えられています。

前立腺とは膀胱のすぐ下にある、尿道を取り囲むように存在する器官のことです。前立腺は男性だけにある生殖器官の一部であり、生殖能に欠くことのできない重要な臓器で、前立腺の主な働きは、精液の約3分の1を占める前立腺液(精子を守る働きがある)を分泌することですが、生殖機能のほかに排尿のコントロールにも大きく関係しています。

前立腺は胎生期の精巣から出るテストステロンによって発生し、生後も男性ホルモンによって成長するため、全てを男性ホルモンに依存しています。

女性の更年期障害は「閉経」はという明らかな体の変化が現れるので分かりやすいが、男性更年期障害は「前立腺症状」に気をつけることが重要です。

誤解を恐れず、極論を申し上げれば正常な性生活を続けることが男性がより若くいつづけるためにもっとも大事なことですので、陰茎に関するコンプレックスやリスクは極力排除しておくことが大事です。

2013年9月4日 | カテゴリー:包茎治療Q&A

このページの先頭へ