包茎と精神衛生

包茎は、病理学的には改善するに越したことはない。

しかし、一人で日常生活を送る上では特になんの支障もない場合が多い。嵌頓包茎等の緊急を要する病変に関しては、早急に手術が必要だが仮性包茎だけでなく真性包茎においても特に手術は必要ない。

では、何故包茎をコンプレックスに思うのか?


それは、日本が非常に衛生的な国だからです。


真性包茎だけでなく仮性包茎の方自身が包皮内の恥垢の悪臭を知っている事が大きな理由と考えられます。自身の陰部が恒常的に悪臭を放っていることは当然誇れることではなく、体臭や口臭と同じく臭いは他人に嫌がられることを意識的か無意識かは関係なく理解しているから、包茎=悪臭=引け目=コンプレックスというようになっていきます。

通常、包茎の人を見て露茎の人が臭いとか恥垢とかを連想することはないと思いますが、女性から見ると男性よりも至近距離で包茎に接する機会が多いことから、臭いに関しては敏感で包茎と知ってしまうとSEXに前向きになれない人が多いのは事実です。

こういった背景から、どれだけ清潔にしていても自身が包茎だと周囲から内心不潔な扱いを受けているのではないかと無意識に感じてしまいそれがコンプレックスにつながります。


断言しますが、包茎でも清潔にしていれば日常生活において一切問題ありません。

ただし、性生活をする上でパートナーの有無に関係なく包茎は露茎に比べて損傷することが多く常に病気のリスクは高いのが事実です。

何故包茎であることに引け目を感じるのかを自身で見つめなおして、それを克服できるかどうかしっかり考えて一生に一度の治療をすると決めたら、早いほうが良いでしょう、身体的コンプレックス程なんの役にも立たないことはありません。

2013年9月4日 | カテゴリー:包茎治療Q&A

包茎と衛生問題

衛生状態の悪さは亀頭炎に関係し、過度の洗浄は非特異性の皮膚炎を引き起こすので朝夕の2回の洗浄を心がければ問題ないとおもいます。

臭いに関しては、体質なども関わってきますので一概に言えませんが、清潔にしていても臭いが気になる方は包皮内からの臭いなのか確認が必要で、包皮内以外からでしたら皮膚科などで臭い測定などを受けることをオススメします。


話を戻します、包茎の衛生問題で特に深刻なのが介護時の問題です。

介護は、いずれ殆どの人が受けることになりますし、何かしらの手術を受けるとき等も一時的に介護が必要となることがあります。

その時、包茎ですと介護する人が包皮内を丁寧に清拭する必要があり、包茎の包皮内を他人に洗浄されることに抵抗を覚える人が多いようですが、包皮内をそのままにしておくわけには行かないので、時には若い女性介護師に包皮内洗浄をしてもらう事もあると思います。その際に臭いなどが気になったり恥ずかしく感じるというものです。

包茎の衛生問題は、清潔さ等の一般衛生問題と、精神衛生の両面から考える必要があり、コンプレックスになり得るデリケートな問題だけに、おかしな情報に惑わされること無くしっかりと向き合い、後悔しない選択を見つけることが大切です。

2013年9月4日 | カテゴリー:包茎治療Q&A

包茎と悪臭

包茎の相談は、実は本人と同じくらい配偶者(彼女や奥様)やご両親から寄せられています。

私が知る限りでは、包茎についての相談(メールや手紙も含む)は当事者よりもその周りの方からの方が多いと感じます。

中でも一番多いのが、「悪臭」です。

ズボンの上からでもおしっこの臭いがするとか、トイレの臭いがするが病気じゃないか?とか、性生活の中で変な病気を移されないか?とか精子がバイ菌まみれじゃないか?等を心配し、当事者に相談しても当事者は包茎は病気じゃないから関係ないととりあってくれない等の相談から、出産を考えると包茎の方との結婚を敬遠する相談も非常多いです。


確かに当事者の方が仰るように、病気というのは適当ではありませんが、悪臭がするということは包皮内でバイ菌が繁殖している証拠で、包茎の人が最も注意し無くてはならない清潔に保つという事ができていない証拠になります。

黄色ブドウ球菌、大腸菌、連鎖球菌等が大量に繁殖している包茎包皮内は肛門よりも雑菌が多いと言われており、悪臭の大部分はこういった雑菌により発生するため、包茎は真性・仮性を問わず病気を誘発すると定義してもいい状態です。

見た目のコンプレックス等は個人の主観ですが、臭いが出ているということは相当に不潔でパートナーの方に大変な苦痛を与えていると思われますので、治療の必要性が高いと思われます。このHPをご覧になられた方で一生パートナーを持たないと心に誓っている方ならまだしも、パートナーを持つ可能性がある方は、陰部から悪臭がしていないかの確認は必ずすべきですね。

包皮内に充満したバイ菌は、性行為前に洗浄するだけでは十分に落とすことができず、毎日十分な洗浄が必要です。洗い残した雑菌は臭いの元になり子宮頸癌の因子にもなりかねないので、自己都合だけではなく相手のことも考えて包茎と向き合う必要があります。

ばい菌もそうですが、陰部から悪臭がするという状態であれば、配偶者や恋人との性生活を考えた場合、体臭として理解してくれるような方だと大きな問題にはなり得ませんが、一般的な女性の場合は、やはり多少は気になる事は多いようなので、エチケットとして考えた方がより良い性生活を送れるのではないでしょうか?

2013年8月3日 | カテゴリー:包茎治療Q&A

このページの先頭へ