包茎と精神衛生

包茎は、病理学的には改善するに越したことはない。

しかし、一人で日常生活を送る上では特になんの支障もない場合が多い。嵌頓包茎等の緊急を要する病変に関しては、早急に手術が必要だが仮性包茎だけでなく真性包茎においても特に手術は必要ない。

では、何故包茎をコンプレックスに思うのか?


それは、日本が非常に衛生的な国だからです。


真性包茎だけでなく仮性包茎の方自身が包皮内の恥垢の悪臭を知っている事が大きな理由と考えられます。自身の陰部が恒常的に悪臭を放っていることは当然誇れることではなく、体臭や口臭と同じく臭いは他人に嫌がられることを意識的か無意識かは関係なく理解しているから、包茎=悪臭=引け目=コンプレックスというようになっていきます。

通常、包茎の人を見て露茎の人が臭いとか恥垢とかを連想することはないと思いますが、女性から見ると男性よりも至近距離で包茎に接する機会が多いことから、臭いに関しては敏感で包茎と知ってしまうとSEXに前向きになれない人が多いのは事実です。

こういった背景から、どれだけ清潔にしていても自身が包茎だと周囲から内心不潔な扱いを受けているのではないかと無意識に感じてしまいそれがコンプレックスにつながります。


断言しますが、包茎でも清潔にしていれば日常生活において一切問題ありません。

ただし、性生活をする上でパートナーの有無に関係なく包茎は露茎に比べて損傷することが多く常に病気のリスクは高いのが事実です。

何故包茎であることに引け目を感じるのかを自身で見つめなおして、それを克服できるかどうかしっかり考えて一生に一度の治療をすると決めたら、早いほうが良いでしょう、身体的コンプレックス程なんの役にも立たないことはありません。

2013年9月4日 | カテゴリー:包茎治療Q&A

包茎とモラル

包茎の問題とは実際のところ、モラルの問題だと私は考えます。

女性は性器の構造上、感染症の感染確率が男性の10倍以上高いと言われています、当然雑菌やウィルスやカビ等の温床になる恥垢にはナイーブになります。

パートナーが包茎であることに対して危機感や嫌悪感を抱く女性は決して少なくありません。フェラチオ等をする場合にはきちんと清潔にされていない陰茎は便器の中の数倍雑菌が多く不衛生になっていることもあります。


清潔に保つことはもちろんですが、それでも尚且つパートナーが不安だと言うのであれば包茎に関して何らかの対処をすることが男性としてのモラルだと思われます。

男性が一生一人で生きていき、介護なども一切受けずに死んで行くなら包茎治療など全く受ける必要がありませんが、家庭を持ちパートナーと暮らしていくなら包茎に関しては、真摯に受け止めてパートナーとよく相談して治療をするかしないかなどを決めて行くべきでしょう。

プライドが邪魔するのかわかりませんが、パートナーに包茎に関して指摘されたときに他の哺乳類が包茎であること等意味不明な理屈で話し合いを拒否するような態度は、子宮頸癌のリスクを負うことになる女性側としても容認できるものではないことも肝に銘じておくべきです。

包茎手術は必ずしもする必要はありませんが、個人の問題ではないことだけは最低限、成人男性として意識しておくことが重要です。

愛するパートナーに、子宮頸がんのリスクを必要以上に負わせてしまうというのは、やはり人としてのモラルが問われる事であり、看過できないという風潮があり、清潔な性交渉を心掛けるのが女性に対しての優しさ、モラルだと言えるでしょう。

2013年8月13日 | カテゴリー:包茎治療Q&A

このページの先頭へ