包茎を自分で矯正する?

真性包茎を自分で治療できるという商品が多数出回っております、実際に現物を手に取った商品は数点ですが、どれも似たような仕組みです。

凡そ2つのパターンがあり、簡単に言えば包皮輪(包皮の先端の本来亀頭が露出する穴)を広げるモノと、余った包皮を剥いて亀頭環状溝で器具を利用し固定するというモノです。

医療に携わる者の立場から言えば、裂傷や擦傷による感染症のリスクや嵌頓包茎を誘発するリスクを伴うため、おすすめは出来ないと言われています。


効果があるかどうかも率直な感想として疑問と言わざるを得ない。なぜなら包茎の理由は症状により多岐にわたるが、包皮輪狭窄と包皮余剰及び陰茎埋没が主要因で局所的な対処では根本改善にはならず、期間限定的に症状が改善されても長期的に見たら元に戻ってしまう可能性が高い。

よって、保険適用の包茎の症状なら総合病院などで手術もできますし、包皮の切除をせずに陰茎を長くして包茎を治療するなどの先進治療を受けたい場合は専門医に相談するのもよいだろう。しかし保険が適用されない仮性包茎についてはこのような器具にたよるくらいなら、毎日清潔に保つ習慣をつけてそのままでいるか、専門医に相談するかの2択だと考えます。

仮性包茎の場合、多くは日常生活に支障がなく、恥垢沈着により陰部が臭くなったり、見た目のイメージから改善を希望する方が多いと思います。特に精神的にも重要な部位になりますので悩みがあるなら確かな専門医に相談することが解決の早道でしょう。

仮性包茎でも、症状は千差万別で個人により様々ですので、大多数が当てはまるであろうといった憶測で作られた矯正器具よりは、専門医に個別案件として診てもらう方が安全だと言えます。

最近では、無料でカウンセリングをしてくれるクリニックが多いので、そういったサービスを活用して安心を手に入れる事をお勧めします。

包茎治療関連タグ

|

包茎を自分で矯正する? に関連する記事


東京包茎治療クリニック比較 前後のページナビ!

カテゴリー:包茎治療Q&A

このページの先頭へ