包茎と精神衛生

包茎は、病理学的には改善するに越したことはない。

しかし、一人で日常生活を送る上では特になんの支障もない場合が多い。嵌頓包茎等の緊急を要する病変に関しては、早急に手術が必要だが仮性包茎だけでなく真性包茎においても特に手術は必要ない。

では、何故包茎をコンプレックスに思うのか?


それは、日本が非常に衛生的な国だからです。


真性包茎だけでなく仮性包茎の方自身が包皮内の恥垢の悪臭を知っている事が大きな理由と考えられます。自身の陰部が恒常的に悪臭を放っていることは当然誇れることではなく、体臭や口臭と同じく臭いは他人に嫌がられることを意識的か無意識かは関係なく理解しているから、包茎=悪臭=引け目=コンプレックスというようになっていきます。

通常、包茎の人を見て露茎の人が臭いとか恥垢とかを連想することはないと思いますが、女性から見ると男性よりも至近距離で包茎に接する機会が多いことから、臭いに関しては敏感で包茎と知ってしまうとSEXに前向きになれない人が多いのは事実です。

こういった背景から、どれだけ清潔にしていても自身が包茎だと周囲から内心不潔な扱いを受けているのではないかと無意識に感じてしまいそれがコンプレックスにつながります。


断言しますが、包茎でも清潔にしていれば日常生活において一切問題ありません。

ただし、性生活をする上でパートナーの有無に関係なく包茎は露茎に比べて損傷することが多く常に病気のリスクは高いのが事実です。

何故包茎であることに引け目を感じるのかを自身で見つめなおして、それを克服できるかどうかしっかり考えて一生に一度の治療をすると決めたら、早いほうが良いでしょう、身体的コンプレックス程なんの役にも立たないことはありません。

包茎治療関連タグ

||

包茎と精神衛生 に関連する記事


東京包茎治療クリニック比較 前後のページナビ!

カテゴリー:包茎治療Q&A

このページの先頭へ