包茎と早漏の関係は?

必ずそうとは言えませんが、統計的に見れば包茎だと早漏の可能性が高いといえます。

包茎は亀頭が包皮で覆われているため、第二次性徴による陰茎の発達が未完な場合が多く、包皮小帯(陰茎小帯)や亀頭冠が未発達で、十分な亀頭環状溝が無く亀頭自体の大きさも不十分な事から亀頭部への圧力に敏感になる傾向があるため露茎よりも早漏になるとも言われています。

元々、亀頭部は接触感覚を司る神経が鈍く、圧力に対して感度が高い構造になっている。これは性生活の根本理由である生殖活動において、子宮口に到達したことを亀頭部が子宮口で圧迫される感覚で捉え、最も受精確率の高い場所で射精するようにできているからです。

ただし、亀頭に全く摩擦等の接触感覚が無いかというと、そうではなく包皮に守られている間は外部との摩擦もないためむしろ敏感であるが、第二次性徴で露茎することで常に摩擦される環境下で亀頭の表皮が厚くなり感覚が鈍化していくことで、正常な状態になっていく。

しかし、包茎の場合第二次性徴が正常に進行しない場合が多いため、敏感な亀頭は摩擦に対して耐性が低く早漏になりやすい状態であるとも言えます。


重要な事だが、長い間包茎であった場合は手術で露茎に下だけでは第二次性徴が起こるわけではないので、専門のクリニックでは亀頭増大など亀頭感覚を鈍化させる手術が行われている。

そのような手術は通常必要ないが、早漏で悩んでいたり勃起時に露出した亀頭が異常にピンク色で犬のような陰茎になってしまうことに抵抗があれば、このような施術は一考の余地はあるだろう。

その効果は、クリニックによって大きく違いがあるようだ。その違いは亀頭に注入する内容物の違いや注入する場所や深さなど技術的な要素も大きく、ここでもやはりクリニック選びが重要になってくる。

包茎治療関連タグ

|

包茎と早漏の関係は? に関連する記事


東京包茎治療クリニック比較 前後のページナビ!

前の記事 »
カテゴリー:包茎治療Q&A

このページの先頭へ