割礼と包茎手術

包茎の歴史について考えてみると、それは割礼の歴史とも言い換えることが出来ます。

諸説がありますが現在確認できる割礼の歴史は、ユダヤ教のレビ記に「神との契約」として出典を見ることが出来る。

割礼は元々ユダヤ人の故習であったと思われ、それがユダヤ教・キリスト教・イスラム教が伝播したことにより、広く行われるようになり現在でもアフリカ・オセアニアの諸民族などでは割礼の風習が根付いている。

しかしキリスト教においては、キリスト教への改宗者に対して割礼を強要しないという見解がまとめられた為、正教会系の一部を除いてキリスト教圏の割礼は廃れたが、時代が進み医学や統計学の進歩により、衛生状態や実用的な合理性があり、再び割礼が広がりアメリカでは21世紀に入ってからも、なお6割程度が包皮切除手術を受けている。
その為、そういった宗教的な包茎手術の文化が無い日本人は包茎人口が欧米に比べて圧倒的に多いとされています。

また世界中に「男根崇拝」というものがあり、日本やインドなどで、神社の神が「露茎男根の形」をした石や木で祭られている。こういった文化背景もあって、包茎に対する社会的通念が形成され、女性にとっても神社などで見かける「露茎男根」が正常な男根であるとの意識が浸透している。

必要か不必要か?そんな議論をしているWEBサイトも散見されるが、実際は「自己の決定権」の範疇であり、同じ条件下では、露茎より包茎は不衛生であることは間違いないが、個人レベルで身体管理をしている以上、同じ条件下という論拠は成立しない。

異性や同性からどう見られるか?に関しても、主観の問題であり客観的正解はないが、上記に述べた宗教的な観点や、ご神体などで見られる露茎のイメージが、イコール成人男性の男根という社会通念が形成されやすい環境であるということまでは論拠となりえる。

もう一つ視点を変えた時、国家レベルで保険の適用の如何を論拠とするのであれば、仮性包茎までは正常ということになり、治療の必要性を認められていない為、仮性包茎は保険が適用されない。

このように、仮性包茎の治療に関しては割礼などの宗教的な文化に起因する人類にとって長きにわたる問題であり、する必要があるか無いかでは無く、各個人が治療をしたいかどうかだけの問題と言える為、各個人しか答えを出せない問題であると言い換えることが出来る。

そうは言っても当サイト管理人も過去に仮性包茎だった頃は、夏場等の汗をかきやすい時期には蒸れて着替えの時にには匂いが気になったし、お付き合いをした女性と初めてのセックスをする際には念入りに洗ったり、オーラル行為をしてもらうのを躊躇ったりしていました。2回目以降もセックス前には必ずシャワーを浴びたがったりしてギクシャクしてしまった事も何度もあるので、どうしてもセックスに積極的になれない時期がありました。

なので、男性の精神的な部分のケアという意味も含め、仮性包茎の治療は保険が適用されたり、もっと包茎治療という分野が女性の美容整形並みにメジャーになれば少子化対策にもなるのでは?と思ったりします。

包茎治療関連タグ

|

割礼と包茎手術 に関連する記事


東京包茎治療クリニック比較 前後のページナビ!

カテゴリー:包茎治療Q&A

このページの先頭へ